カテゴリー
プロデュース48

「PRODUCE 48」 AKB48メンバーに参加希望者多数

新企画 AKB48「PRODUCE 48」参加熱気が熱い理由

OSEN

AKB48のメンバーも「PRODUCE 48」出演が確定したなか、オーディションに参加し新たな機会をつかみたいAKB48メンバーが多数存在することが明らかになった。

12月13日、日本のJ-CASTニュースは「AKB48で活動しているメンバーも新たな挑戦「PRODUCE 48」に参加したいという声が多数上がっている」と報道した。

「PRODUCE 48」は視聴者がプロデューサーとなり自らアイドルデビューメンバーを選抜する韓国の「PRODUCE 101」システムと、日本最高のプロデューサー秋元康の「会いに行けるアイドル」をコンセプトに専用劇場で常時ライブ公演する日本のAKB48システムを結合させたプロジェクト。「PRODUCE 48」を通じて日韓両国で活動する単一のグローバルグループが誕生する予定で爆発的な関心を集めている。

特に「PRODUCE 48」には現在活動中のAKB48所属全メンバーが参加可能で、現在日本で活発に活動中のトップメンバーも「PRODUCE 48」練習生として参加が可能である。練習生参加申請期間は12月15日から1月10日まで、2018年1月AKB48メンバーだけのオーディションを経て「PRODUCE 48」に参加する最終メンバーが決定する。

特にAKB48メンバーはチーム移籍などの挑戦を通じてチャンスを掴んたメンバーが多い。仲川 遥香はJKT48に移籍、全世界に影響力がある「Twitterian 女性部門」で2年連続7位を記録するなど危険を甘受した新たな挑戦はAKB48メンバーに逆転の足掛かりとなる機会となった。そのため「PRODUCE 48」を通じて日韓両国を
合わせたグルーバルガールグループとしての新たなポジションを狙うメンバーも多数存在する。

これについてAKB48で不動の人気を誇るセンター指原莉乃は「PRODUCE 101が凄いという話を聞いた。日本と韓国では温度差があるだろうが、韓国では人気の高い番組と聞いている。まず人気を得られる機会だから応募してみるのもいいかもしれない」と「PRODUCE 48」に対する思いを明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です