カテゴリー
IZ*ONE (アイズワン)

IZ*ONE “FIESTA” ミュージックバンク出演は1回だけ

2020年2月21日放送の音楽番組KBSミュージックバンクに出演したIZ*ONE情報。

KBS「IZ*ONEが違法行為に関与した証拠はない」

IZ*ONEのKBSミュージックバンク出演について、視聴者がKBSに対し「不正行為があった番組で誕生したグループを公共放送に出演させるな」という主旨の請願を行った。

これに対しKBSは「IZ*ONEはKBSの出演禁止に関するガイドラインに抵触していないが、視聴者からIZ*ONE出演に反対する請願があったので、それを踏まえてIZ*ONEのミュージックバンク出演は1回に限ることにした」とIZ*ONE出演を決定した経緯を説明した。

KBSの公式見解全文

ミュージックバンクに関心と愛情を持つ視聴者の皆さんに感謝します。同じアイドルグループに対して出演要求と出演反対要求の請願がそれぞれ1,000名を超えたため、別途の請願ですが合わせて回答することをご了承ください。

ミュージックバングのチーフプロデューサーとしてIZ*ONEの出演可否についてK-POPファンと視聴者の関心と懸念をよく理解しています。「Mnetのオーディション番組番組に不正が存在し、その番組の結果として誕生したアイドルグループが何事もなかったかのように活動することは問題があるのではないのか」という意見を尊重します。

同時に「メンバーが不正に関与した訳でもなく、現在グループの活動も不正の当事者であるMentとは無関係なのに、なぜ活動に不利益を受けなければならないのか」という反対意見も尊重します。

出演に反対する方々も大切な視聴者であり、「IZ*ONEの活動を保証しろ」と要求する方々も大切な視聴者であるため、慎重に判断しなければならない事案であると考えました。

KBSは社会的物議を引き起こしたり、不法行為を犯した者をKBSの定めた手続きを経て、出演規制者に指定しています。現在までIZ*ONEはKBS審議既定のいかなる条項にも抵触したことがなく、出演規制者名簿に含まれていません。

もちろん出演規制者名簿に含まれていないから何のためらいもなく出演を決めたという意味ではありません。出演規制者でなければ、活動期にミュージックバンクの出演者候補になるという原則的な意味であり、実際に出演を依頼するかについてはミュージックバンクkチャートの順位や韓国内外にのK-POPファンの反応など、様々な要素を総合的に考慮して決定する事案です。

問題が多い状況を勘案しKBS内部の長い論議を経て、今週予定のIZ*ONEのカムバック活動期間は、2月21日1016回放送に限りIZ*ONE出演を決定したことをお知らせします。

IZ*ONEの活動について厳しい視線を送る方々の懸念も分かりますが、IZ*ONEの個々のメンバーが不正に関与した証拠がない状況で、一生懸命新曲を準備したメンバーに一度の出演機会すら与えない事は行き過ぎだと判断しました。

この決定がIZ*ONEの出演に反対する視聴者の声に耳を閉ざしたと受け取らないで頂ければと思います。今後の出演者決定についても視聴者の皆様の憂慮に留意し慎重に決定して行きます。

重ねてミュージックバンクに対する関心と愛情に感謝申し上げます。

(翻訳終わり)


要約すると「IZ*ONEはKBSの出演規制条項に全く抵触していない。従ってIZ*ONEのミュージックバンク出演には何の問題もない。しかし視聴者の反対意見があったため、それを尊重してIZ*ONEのFIESTA活動のミュージックバンク出演は1回だけにした」ということ。

今週の1位 ZICO”아무노래”

今週のKチャート1位候補

  • ZICO “아무노래”
  • RED VELVET “PSYCO”

ZICO”아무노래”は1月13日発売、RED VELVET”PSYCO”は昨年12月23日発売とロングヒットを続ける2曲が1位候補に選出された。

2組ともこの日のミュージックバンクには出演しなかった。

2020年2月21日 Kチャート1位 ZICO 아무노래
ZICORED VELVET
音楽配信売上33203213
視聴者好感度641601
放送回数4534
CD売上076
合計40063924

今週のミュージックバンクKチャート1位はZICO”아무노래”、先々週1位、先週3位、今週再び1位に返り咲いた。

IZ*ONE FIESTA 動画

IZ*ONE FIESTA MUSIC BANK 2020月2月21日
宮脇咲良
チャン・ウォニョン

※コロナウィルス流行の影響で、出勤動画なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です