カテゴリー
IZ*ONE (アイズワン)

“IZ*ONE CHU 第1回” テレビ話題性非ドラマ部門9位

韓国マスコミのIZ*ONEアイズワン関連ニュース翻訳

BIGBANGスンリ事件を扱った”そこが知りたい” 非ドラマ話題性圧倒的1位

2019年3月27日 SPORTS TODAY

クラブ”BURNING SUN”を取り巻く疑惑を取材した”そこが知りたい”が圧倒的大差でえ非ドラマ話題性1位を記録した。

3月27日テレビ話題性分析機関Good Data CorporationによるとSBS”そこが知りたい”が非ドラマ話題性1位を記録した。

“そこが知りたい”は2018年1月1週”仮想通貨ビットコインの実態”以来63週ぶりに1位に返り咲いた。

2位は帰って来たヘンリーと虹ライブにゲストとして参加したジェシーを描いたMBC”一人暮らし”だった。やる気のない姿を見せたジェシーに視聴者が否定的な反応を示したため、ジェシーが出演者話題性1位を記録した。

初のカップルゲスト、ソ・イヒョン、イン・キョジン夫婦をゲストに迎えたJTBC”知ってる兄さん”が3位を記録した。飾らない姿で多彩な魅力を見せたイン・キョジンは出演者話題性8位を記録した。

4位はTV朝鮮”明日はMissトロット”で4週連続トップ10にランクイン。参加者の優れた実力に関心が集中し高い動画再生回数を記録した。

巨済島編を放送した”ペク・ジョンウォンの路地裏食堂”が新メニューを披露し5位、チャ・テヒョン最後の放送になったMBC”ラジオスター”が6位にランクインした。

7位はKBS”スーパーマンが帰って来た”。蔚山球場に父パク・ジュホを応援しに行くコノとナウンの可愛らしい姿が好評だった。出演者話題性でもコノが6位、ナウンが9位にランクインした。

8位は少女時代ユナがゲスト出演した”醜い私たちの子”、9位は初放送のMnet”IZ*ONE CHU 秘密の友達”、10位はヒーリングバラエティtvN”スペイン下宿”だった。

久しぶりにバラエティ番組に出演した少女時代ユナは出演者話題性5位に、”スペイン下宿”のチャ・スンウォンが出演話題性7位にランクインした。

この他、サッカーの英才とクリスティアーノ・ロナウドのと対面を放送したSBS”英才発掘団”が13位に急上昇した。ロナウド出演に視聴者が好感を示しロナウドは出演者話題性2位を記録した。

この調査はGood Data Corporationが3月18日から24日まで放送中又は放送予定の非ドラマ181本を対象に、ニュース記事、ブログコミュニティ、動画、SNSなどの反応を分析して発表した。

順位 放送局 タイトル 占有率
1位 SBS そこが知りたい 6.79
2位 MBC 一人暮らし 4.84
3位 JTBC 知ってる兄さん 3.08
4位 TV朝鮮 Miss トロット 3.04
5位 SBS 路地裏食堂 2.59
6位 MBC ラジオスター 2.41
7位 KBS スーパーマンが帰って来た 2.33
8位 SBS 醜い私たちの子ども 2.23
9位 Mnet IZ*ONE CHU 2.15
10位 tvN スペイン下宿 2.11

(翻訳終わり)

プロデュース48の話題性を調べてみたら占有率20%~30%で圧倒的1位、集計方法変えた方がいいんじゃなかと思った。

BIGBANGスンリ事件を扱った”そこが知りたい”の原題は”그것이 알고싶다”、誰が翻訳しても100%”そこが知りたい”になる完璧な直訳。

“そこが知りたい”と聞いて何かを思い出した人のために調べたところ、SBS”그것이 알고싶다”は1992年放送開始。それ以上は調べなくてもいい、想像通りの結果が出てくる。

“醜い私たちの子ども”も凄いタイトルになってるけど”みにくいアヒルの子”をもじったタイトルで

미운 리 새끼 みにくいアヒルの子
미운 리 새끼 醜い私たちの子ども

中には醜い子供もいるかもしれないのでのでタイトルが間違っているわけではないが、親子の交流を描いた番組のようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です