カテゴリー
K-POPヒットランキング

IZ*ONE”BLOOM*IZ”、初動売上35万枚突破! K-POPガールズグループ初動新記録更新

2月17日発売のIZ*ONEの通算3タイトル目となるファースト正規アルバム”BLOOM*IZ“が、初動売上(※発売一週間の売上)35万6,300枚を記録し、K-POPガールズグループ初動売上新記録を更新した。

IZ*ONE”BLOOM*IZ” 驚異的なスピードで初動売上新記録達成

これまでK-POPガールズグループのCD売上初動記録は2019年9月23日発売のTWICE”Feel Special”で15万4,000枚。

順位アーティストタイトル発売日売上枚数
1位IZ*ONEBLOOM*IZ2020年02月17日356,300
2位TWICEFeel Special2019年09月23日154,000
3位TWICEFANCY YOU2019年04月23日151,000
4位BLACKPINKKILL THIS LOVE2019月04年23日146,000
5位IZ*ONEHEART*IZ2019月04月01日132,100
6位TWICEtwicetagram2017月10月30日129,600
7位TWICEYES or YES2018年11月05日118,200
8位TWICESIGNAL2017年05月15日114,200
9位TWICETWICEcoaster:LANE 22017月02年20日113,600
10位TWICEWhat is Love?2018月04年09日109,400
K-POPガールズグループ初動売上ランキング

デビュー5年目の韓国ナンバーワングループTWICEの初動売上記録をデビュー2年目のIZ*ONEの新アルバム”BLOOM*IZ”がわずか1日で更新、その後も順調に売上を伸ばした”BLLOM*IZ”は発売1週間で従来の記録を2倍以上上回る35万6,300枚を売上げ、K-POPガールズグループ初動売上新記録を樹立した。

この売上枚数は主に韓国内のCD売上を集計するハントチャートの集計記録で、ハントチャート非加盟店舗の売り上げは含まれていないため、実際の初動売上は40万枚を超えた可能性が高い。

K-POPガールズグループ歴代10位

K-POPガールズグループの歴代CD売上1位は2016年10月24日発売のTWICE”TWICE coaster LANE1″で47万3,126枚。

順位アーティストタイトル発売日売上枚数
1位TWICETWICEcoaster:LANE 12016年10月24日473,126
2位少女時代The Boys2011年10月19日466,945
3位TWICEFeel Special2019年09月23日419,561
4位TWICEWhat is Love?2018年04月09日404,989
5位TWICEFANCY YOU2019年04月23日394,405
6位TWICEtwicetagram2017年10月30日381,038
7位TWICESIGNAL2017年05月15日373,413
8位TWICEYES or YES2018年11月05日367,328
9位TWICESummer Nights2018年7月09日361,953
10位IZ*ONEBLOOM*IZ2020年02月17日356,300
K-POPガールズグループ歴代CD売上ランキング

“BLOOM*IZ”はK-POPガールズグループ歴代10位にランクイン。繰り返すがこの売上記録はハントチャート加盟店のCD売上でハントチャート非加盟店の売上げは含まれていないため、

歴代1位TWICE”TWICEcoaster Lane 1″の47万3,121枚を既に上回っている可能性もある。

IZ*ONEは活動延長しないと記録を維持できない

しかしTWICE、少女時代には活動を続けながらコツコツと売上を積み重ねる時間があったが、来年4月の解散が決まっているIZ*ONEにはそれがない。

仮にTWICEを上回ったとしてもTWICEは年間数万枚ずつ売り上げを伸ばしているため、IZ*ONEは解散までに”BLOOM*IZ”の売り上げを大幅に伸ばしてTWICEを大きく引き離さないと一瞬で抜き返されることになる。

IZ*ONE BLOOM*IZ ショーケースティザー画像

音楽配信売上も大幅アップ

ここまでCD売上に比べ音楽配信売上が悪かったIZ*ONEだが、”FIESTA”は大幅に売上を伸ばした。

順位全体順位グループ曲名GAON指数
1位11位ITZYDALLADALLA
2位29位TWICEFANCY575,214,336
3位45位BLACKPINKKILL THIS LOVE517,995,610
4位47位TWICEYES or YES511,134,469
5位75位TWICEDance The Night Away364,918,909
6位92位BLACKPINKDDU-DU DDU-DU312,443,592
7位99位ITZYICY295,234,574
8位104位IZ*ONEVIOLETA286,422,574
9位126位TWICEFeel Special242,156,313
10位129位IZ*ONELa Vie en Rose238,583,037
2019年K-POPガールズグループ音楽配信ランキング

CD売上は韓国女性グループ3強のTWICE、BLACKPINK、RED VELVETに匹敵する成績をあげたIZ*ONEだが、音楽配信売上は大幅に劣っていた。

昨年のガオンチャートの年間音楽配信ランキングで4月1日発売のIZ*ONE”VIOLETA”は104位。同時期に発売したTWICE”FANCY”29位(4月23日発売)、BLACKPINK”KIll THIS LOVE”49位(4月5日)に全く歯が立たなかった。

さらにIZ*ONEから約4か月遅れてデビューしたイ・チェヨンの妹イ・チェリョンが所属するITZYの大ヒットによってIZ*ONEは音楽配信では存在しないグループに等しかった。

Melon リアルタイムチャート
Melon リアルタイムチャート

しかし新アルバム”BLOOM*IZ”のタイトル曲(※シングルに相当)”FIESTA”は韓国最大の音楽配信サイトMelonのリアルタイムチャートに初登場3位にランクイン、1時間後には韓国の国民的人気歌手IU”마음을 드려요”に次ぐ2位にランクアップした。

IZ*ONE”FIESTA”の発売初日のリアルタイムタイムチャート2位はITZY”DALLA DALLA”に匹敵する記録で、昨年から音楽配信ランキングでアイドルグループが苦戦する中で驚異的な好成績と言っていい。

日本製品不買運動が続く韓国で、日本人所属グループが大健闘

忘れている人がいるかもしれないけど日本製品不買運動が続く韓国で、IZ*ONE、TWICEという日本人3人が所属するグループが韓国の音楽シーンを席捲しているという事は、興味深く意味あることだと思う。

韓国文化関連の記事を書くライターは、日本の女子校生の間で流行しているとされる「チンチャそれな」とか、K-POPアイドルにあこがれて韓国で練習生になりたがる日本人が増えいているとかはどうでもいいから、なぜ日韓関係が悪化する中でIZ*ONE、TWICEが人気になったのか、なぜ世界標準BLACKPINKがIZ*ONE、TWICEに負けたのかについて長い記事を書くべきだろう。

まあ、そんなことは書くはずがないかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です