カテゴリー
IZ*ONE (アイズワン)

大型新人IZ*ONEアイズワンのデビュー1か月の記録を振り返る

韓国マスコミのIZ*ONEアイズワン関連ニュース翻訳

デビュー25日 IZ*ONE 数字をキーワードに振り返るバラ色の記録

韓国経済

日本、韓国、アジアを超えグローバル市場進出を目標とするグローバルスーパールーキーIZ*ONEは10月29日デビューアルバム”COLOR*IZ”を発売、歌謡界に第一歩を踏み出した。

IZ*ONEはデビューから1か月足らずの間に多数の記録を塗り替え、”La Vie en Rose”というリード曲 (タイトル曲)のタイトル通りきらびやかなバラ色の道を歩いている。

デビューしたばかりの新人とは思えないほど速いスピードで独自の地位を築くことに成功したIZ*ONEがデビュー25日で成し遂げた意味ある成果を数字をキーワードにひとつづ振り返る。

海外チャート

1

IZ*ONEはデビューアルバム”COLOR*IZ”発売から1日で香港、ベトナム、タイなど計10か国のiTUNES K-POPアルバムチャートで1位を獲得した。それだけでなくチリ、台湾、アルゼンチンなど計16か国でTOP10入り、K-POPシングルチャートも2か国で1位、8か国でTOP10入りするなどデビュ―と同時に各種音楽チャートを席巻した。

IZ*ONEは日本でもオリコン及びタワーレコードチャート1位を獲得した。まだ日本で本格的な活動をしていない新人としては異例の記録。TOP10の中で唯一の韓国版で、輸入盤が週間アルバムチャート及びデジタルチャート同時1位という珍しい記録まで達成した。

アメリカビルボード ワールドデジタルソングチャートでもTOP10入りし世界的な人気を証明した。

音楽番組チャート11日で初1位

11

IZ*ONEはMnetの音楽番組”エムカウントダウン”でリード曲”La Vie en Rose”が待望の1位を獲得した。新人ならば誰もが夢見る音楽番組チャート1位のトロフィーをデビュー11日で手に入れたIZ*ONEはその後もSBS MTV”THE SHOW”で2週連続1位を達成、音楽番組チャート3冠に輝いた。

https://www.jypfan.club/produce48/izone-la-vie-en-rose-mcountdown-win/

https://www.jypfan.club/produce48/the-show-20181120/

Youtube再生回数

455

“La Vie en Rose”ミュージックビデオは公開から3時間40分でYoutube再生回数100万回を突破、24時間で455万回突破に成功した。これは韓国アイドルグループのデビュー曲の最高記録。さらに4日で1,000万回、13日で2,000万回を突破する快挙を成し遂げた。その後も順調に再生回数は増え続け今後の記録にも注目が集まっている。

CD売上

80,000

韓国のCD売上集計サイト”ハントチャート”によるとIZ*ONEのデビューアルバム”COLOR*IZ”は発売初日に34,000枚を突破、I.O.Iの持つ記録を更新、初動売上は80,822枚でこれはガールグループのデビューアルバム歴代最高記録。

順位 グループ名 タイトル 売上枚数 発売日
1位 TWICE Twicetagram 129,000枚 2017年10月30日
2位 TWICE SIGNAL 114,200枚 2017年05月05日
3位 TWICE TWICEcoaster : LANE2 113,600枚 2017年02月20日
4位 TWICE What is Love? 109,400枚 2018年04月09日
5位 TWICE Summer Night 106,500枚 2018年07月09日
6位 BLACKPINK SQUARE UP 102,00枚 2018年06月19日
7位 TWICE TWICEcoaster : LANE1 94,000枚 2016年10月24日
8位 少女時代 Holiday Nights 90,200枚 2017年08月07日
9位 IZ*ONE COLOR*IZ 80,800枚 2018年10月29日
10位 少女時代 The Boys 67,100枚 2011年10月19日

これはガールグループ初動売上歴代9位に該当、IZ*ONEへの熱い人気と話題性を証明した。

Gaonチャート IZ*ONEレビュー

Gaonチャート

10月29日デビューアルバム”COLOR*IZ”を発表したIZ*ONEの各種指標を2年前に同じ番組からデビューしたI.O.Iの指標を比較、現在のIZ*ONEの状況を調査した。

CD売上比較

IZ*ONE(上)とI.O.I(下)のCD売上枚数

IZ*ONE”COLOR*IZ”の発売2週目までの累積売上枚数は10万枚を大きく上回ることが分かった。これはI.O.Iのデビューアルバム”Chrysalis”の3倍に達し、K-POPガールズグループTOP3のBlack Pink”SQUARE UP”に肉薄する数値。

デジタル売上比較

IZ*ONE(黄色) I.O.I (オレンジ)

IZ*ONE”La Vie en Rose”とI.O.I”Dream Girls”の発売初日と二日目のデジタル売上比較では、I.O.I”Dream Girls”が1.4倍多かった。デジタルランキングはIZ*ONE”La Vie en Rose”1週目14位、2週目14位、I.O.I”Dream Girls”は1週目7位、2週目9位だった。

IZ*ONE(黄色) I.O.I (オレンジ)

IZ*ONEとI.O.Iのデビューアルバム収録曲で100位以内にランクインした曲数の比較では、IZ*ONEが1週目、2週目ともリード曲”La Vie en Rose”1曲だったのに対しI.O.Iは1週目5曲、2週目3曲が100位以内にランクインした。

マスコミの報道件数

IZ*ONE(黄色) I.O.I (オレンジ)

報道件数はデビュー直後IZ*ONEがI.O.Iより約1,000件多かった。

ファンカフェ加入者数

IZ*ONE(黄色) I.O.I (オレンジ)

IZ*ONEはデビュー3週間で約5万4,000名、I.O.Iはデビュー1か月で約2万3,000名のファンカフェ会員を集めた。IZ*ONEのファンダム流入速度が非常に速い事が分かる。

Googleトレンド

Googleトレンド 韓国(上) 日本(下)

上のグラフからは韓国より日本で放送後半まで関心度が高かったことが分かる。ファンカフェ会員数、CD売上枚数、Youtube再生回数など日本のファンが大きな影響を与えている。これはIZ*ONEのDaum公式ファンカフェの加入挨拶コーナーで日本ファンの加入挨拶が多い事、VLIVEフォロワー数の地域別統計でも韓国に次ぐ2位になったことからも分かる。

まとめ

現在までのIZ*ONE関連データによると韓国内の音楽配信売上はI.O.Iより低いが、CD売上枚数は韓国TOP3に入るほどの大きな成果を上げたことが分かる。

今回の調査データにはないが、IZ*ONE”La Vie en Rose”のYoutube再生回数が2,000万回を超え、既にグローバルガールグループとしての可能性を示している。

しかし高いCD売上とYoutube再生回数にも関わらず、韓国の音楽配信チャートでは10位圏内に進入出来なかった。これは韓国の一般層がIZ*ONEの人気に全幅的な支持を送っていないことを示す。

IZ*ONEは当面ファン主導の成長を続けることになるが、今後一般層にアピールしてファンファムを拡張することが追加成長のカギになるだろう。