カテゴリー
プロデュース48

プロデュース48 デビュー有力候補チャン・キュリ 順位大幅下落の理由

日韓アイドルグループIZ*ONE (アイズワン) が誕生した韓国のオーディション番組Mnet”プロデュース48″関連ニュース翻訳

デビュー有力候補の大幅順位下落 なぜ?

金剛日報

プロデュース48で有力なデビュー候補に挙がっていた練習生の順位が下落した。

常に上位圏だったPLEDISのイ・ガウンは目立つほど順位を落とし、ワン・イーレンは10位圏外に落ちた。少なくないファンを保有していたチャン・キュリは20位圏外にまで下落した。

デビュー有力候補の順位が下落した理由は、先月から世論が”YSP”を積弊と批判しファンの火力が以前ほど集中しなかったためだ。”YSP”とは大手芸能事務所YUEHUA、STAR SHIP、PLEDISの略称で、「プロデュース48を放送するMentの運営会社CJ E&MがYSP所属の練習生を優遇している」という疑惑が生まれた。

多数の練習生の中から国民プロデューサーの選択を受けるためには可能な限り画面に露出する必要がある。しかし放送時間の大半をYSP所属の練習生が占め、中小事務所所属の練習生は画面に露出する機会がほとんどなかった。世論はこれを積弊とまで呼んで露骨な優遇に批判的な反応を見せた。

YSP優遇批判の余波で3週連続1位を維持していたイ・ガウンは8位に落ちた。有力デビュー候補と目されていたイ・ガウンの順位下落は衝撃的だった。

fromis9

練習生が選ぶビジュアル1位のワン・イーレンは10位圏外に落ちた。

順位が落ちたとはいえ二人は十分に順位を回復できる機会が残っている。

しかし衝撃的な順位だったもう一人の有力デビュー候補チャン・キュリは難しいかもしれない。チャン・キュリは第1回の順位発表で6位にランクインしてから少しずつ順位を落としていたが20位圏内を維持し、いつでも上位圏を狙える位置にいた。

ところが3日放送の順位発表式で彼女の順位は26位に沈んだ。

プロデュース48初登場当時、人柄の良さと笑顔で他の練習生から「かわいい」と称賛され、有力なデビュー候補だったチャン・キュリの順位下落はファンの火力が集中できなかったためだ。

チャン・キュリ個人のファン及び彼女が所属するガールグループFROMIS9ファンは火力支援を集中させられない状況にある。プロデュース48で最終12人に選ばれれば長期間FROMIS9の活動が不可能になるため、チャン・キュリのFROMIS9の復帰を望むファンは、火力を集中させなかった。

さらに既にデビューしている現役アイドルがプロデュース48に出演することも否定的な世論につながった。チャン・キュリは昨年7月サバイバル番組”アイドル学校”に出演、FROMIS9のメンバーとしてデビューしているが「実力が不足している」という理由でプロデュース48に出演した。

プロデュース101シーズン1ではクォン・ウンビンが放送中にCLCというガールグループ加入を発表し順位を大幅に落としたことがあった。視聴者の関心は行き場のある練習生から離れて行く。

(翻訳終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です