カテゴリー
プロデュース48

「PRODUCE 48」の前身 PRODUCE 101シリーズを振り返る

韓国メディアのプロデュース48関連ニュース翻訳

IOI、Wanna One 成功を証明した「PRODUCE 101」の波及力

ファイナンシャルニュース

ガールグループIOI、ボーイグループWanna Oneが「PRODUCE 101」の影響力を強めている。

2016年1月22日初放送の「PRODUCE 101」は、わずか2シーズンでMentを代表するサバイバルオーディション番組としての地位を確立した。視聴者に国民プロデューサーという肩書を付け、直接デビューメンバーを選択させるという独特のフォーマットは、あっという間に他の放送局のオーディション番組に拡散した。

「PRODUCE 101」の波及力はシーズン1出身IOIとシーズン2から誕生したWanna Oneの歩みと歴代級の成績を通じで一目で確認できる。IOIは2016年5月から2017年1月まで活動、Wanna Oneは2017年8月に正式デビューし2018年末まで活動が予定されている。

IOIは各種音楽番組チャートで1位、MAMA、ゴールデンディスク、ソウル歌謡祭、大韓民国演芸大賞など計13個のトロフィーを抱いた。「Dream Girls」「Watta Man」「너무 너무 너무 (Very Very Very)」「소나기 (Downpour)」など多彩な活動曲が人気を博した。短い時間だったが活発な活動を繰り広げた。

現在11名のメンバーはそれぞれの道を歩いている。キム・セジョンとカン・ミナは99DAN、チェ・ユジョンとキム・ドヨンはWEKIMEKI、チュ・キョルギョンとイム・ナヨンはPRISTIN、ユ・ヨンジョンは宇宙少女、チョン・チェヨンはDIA、各自の所属事務所のグループで活動中。キム・チョンハはソロ歌手として、キム・ソヘとチョン・ソミはバラエティー番組などで活躍している。

Wanna Oneは2017年「Energetic」「Beautiful」で活動、21世紀に入り初のデビューアルバムでミリオンセラーを達成した。音楽配信売上も好調で「Energetic」が計15回、「Beautiful」が計8回の音楽番組チャート1位を記録した。各音楽賞の新人賞も当然のようにWanna Oneのものになった。

音楽配信及びCD売上だけでなくWanna Oneのメンバーはテレビ番組に出演するたびに話題性と視聴率を牽引している。カン・ダニエルは2017年SBS演技大賞で新人賞を受賞、キム・ジェファン、オン・ソンウ、カン・ダニエルは他歌手のミュージックビデオに出演するなど演技方面の可能性も示している。

IOIとWanna Oneだけでなく「PRODUCE 101」出身練習生が音楽界に正式デビューし「PRODUCE 101」の価値はさらに輝きを増している。今後も続く「PRODUCE 101」同窓会とIOI、Wanna Oneメンバーの活躍に大きな期待が集まっている。

「PRODUCE 48」志願者募集 「応答せよ 国民プロデューサー」

ガールグループIOIとボーイグループWanna Oneを誕生させたMnetを代表するサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」は2016年1月22日の初放送から2周年を迎えた。2つのシーズンを成功裏に終えた「PRODUCE 101」制作スタッフは3番目のシーズン「PRODUCE 48」を本格的に準備している。

2017年「2017 MAMA In JAPAN」で「PRODUCE 48」の公式ティザーが初公開された。「PRODUCE 101」と日本のトップグループAKB48のロゴが重なり「PRODUCE 48」のロゴが完成、多数の人々の関心が集中した「PRODUCE 48」の正体は「PRODUCE 101」とAKB48のコラボレーションだった。

国民が直接アイドルデビューメンバーを選抜する「PRODUCE 101」のシステムと、専用劇場で常時ライブ公演するAKB48のコンセプトが結合した「PRODUCE 48」は「PRODUCE 101」シリーズのアン・ジュニョン氏がプロデュースする。Mnet関係者は「志願者募集が始まった。韓国でまず面接する予定」と進行状況を説明した。

依然として憂慮の声が大きいが、これはこれまでの「PRODUCE 101」シリーズも経験して来た。「PRODUCE 101」とAKB48のファン層が共に堅固なだけに、2つのプロジェクトが結合した時どのようなシナジー効果が現れるのか関心が集中している。

PRODUCE101 シーズン2 Wanna One

「PRODUCE 101」シーズン1出身IOI、シーズン2出身Wanna Oneは韓国の音楽賞新人賞を総なめにしたほどの歴代級の人気を得た。最終メンバー11名だけでなく残りの99名の練習生の多くが正式デビューした。

これから始まる「PRODUCE 48」が「兄を超える弟」になれるのか。国民プロデューサーに出会う新たな練習生がどんな魅力を持っているのか関心が高まる。「PRODUCE 48」は2018年上半期の放送を目標に制作が進行している。

https://www.jypfan.club/produce48/overview/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です