カテゴリー
あらすじ

日韓アイドルグループ IZ*ONEが誕生した “プロデュース48” 第1回のあらすじ

日韓アイドルグループ IZ*ONEアイズワンのメンバーを選抜した韓国のサバイバルオーディション番組Ment”プロデュース48″第1回 (撮影2018年4月11日前後、2018年6月15日放送)のあらすじ

プロデュース48の趣旨説明

国民プロデューサー代表(※司会)イ・スンギのあいさつ

「デビュー経験等に関係なく全員対等な立場でサバイバルする」
「国民プロデューサーに選ばれた(※視聴者投票)12人がガールズグループを結成しデビューする」
「プロデュース48のキーワードはグローバル。世界的に活動するガールグループをつくる」

練習生スタジオ入り

韓国練習生は所属事務所ごとに、日本練習生は所属グループごとにスタジオ入り。撮影するスタジオには1位の席を頂点にミラミッド状に並んだ96の席があり、先着順に好きな席に座る。この方式はプロデュース101シーズン1、2と同じ。というより、これ以降の番組のフォーマットもシーズン1、2とほぼ同じ。要するに出演する練習生が変わっただけで、AKB48の参加という要素以外の変化はなかった。

プロデュース48 第1回

1位の椅子には最後に入場した大手芸能事務所YGエンターテインメント所属だった個人練習生(所属事務所のない練習生)が座った。入場シーンがないのに着席している練習生がいることに既に気づいている人も多いと思うが、再放送でカットされたという訳ではなく、本放送時も入場シーンはなかった。この番組は基本的に公平とか平等の優先度が低く、このままほとんど尺を貰えずに脱落する練習生が少なくない。

プロデュース48 第1回

練習生が全員スタジオ入りを終えると、シーズン1視聴者投票1位チョン・ソミとシーズン2視聴者投票1位のカン・ダニエルが登場。

チョン・ソミ、 カンダニエル
「100%国民プロデューサーの投票でメンバーが決まる。これから5回のテストを受ける。各テストで規定の順位に入れなかった者は脱落。最終的に選ばれた12人が日韓両国でデビューする。デビューアルバムには日韓のトッププロデューサー(秋元康、ハン・ソンス)が参与する。」

続いてトレーナー イ・ホンギ 、ソユ 、ガヒ 、チェ・ヨンジュン、ペ・ユンジョン、メイジェイ・リー、チーターが登場。レベル分け審査が始まる。

国民プロデューサー代表イ・スンギは欠席。

レベル審査

前で歌ダンスを発表しトレーナーの審査を受け、能力別にA~Fクラス (Eは無し)の5クラスに分けられる。

以下は放送された順番で、実際の順番とは異なる。

YUEHUAエンターテインメント

  • Aクラス
    • チェ・イェナ
  • Bクラス
    • ワン・イーレン
    • キム・シヒョン

WOOLLIMエンターテインメント

  • Aクラス
    • クォン・ウンビ
  • Bクラス
    • キム・チェウォン
  • Cクラス
    • キム・スユン
    • キム・ソヒ

クォン・ウンビの陰に隠れてその他3人扱いのキム・チェウォン。この状態は最終回まで続き、IZ*ONEに選ばれた12人の中で最も尺をもらえなかった練習生と言っても過言ではない。

WMエンターテインメント

  • Aクラス
    • イ・チェヨン
  • Bクラス
    • イ・スンヒョン
    • チョ・ヨンイン

イ・チェヨンはTWICEメンバーを選抜したオーディション番組SIXTEENオーディションに出演経験があり、ダンスが上手い事は知れ渡っていた。このレベル審査でも審査員からのリクエストでソロダンスを披露し大絶賛された。もちろん全員一致でAクラス判定。

8Dクリエイティブ

  • Fクラス
    • カン・ヘウォン

ルックスの清純がトレーナーに好評だったカン・ヘウォンだが、歌・ダンスの能力はAKBレベルだった。

URBAN WORKS

  • Dクラス
    • キム・ミンジュ

カン・ヘウォンと共にルックスは好評だったが、歌・ダンスの能力はカン・ヘウォンよりましな程度だった。

FAVE

  • Dクラス
    • シン・スヒョン



  • CUBE
    • ハン・チョウォン:Dクラス

グループバトルで歌、ラップの実力の高さを示し最終回まで生き残った班長ことハン・チョウォンだが、緊張のためか実力を発揮できずDクラス判定。


ここから日本を代表するアイドルグループAKB48が登場する。

プロデュース48 第1回

イ・ホンギ
「韓国は芸能事務所に所属すれば事務所がトレーニングをやらせるが、日本は自分でやる。アイドルを育てる方法が違う」

プロデュース48 第1回

ペ・ユンジョン
「本当? でも上手過ぎると教える楽しみがない」

AKB48

  • Cクラス
    • 小田えりな
  • Dクラス
    • 中野郁海

ガヒ
「期待以下だった」
チーター
「歌い方が昔の歌い方」

中野郁海はトレーナのリクエストでダンスを披露するが・・・

プロデュース48 第1回

ペ・ユンジョン
「パワーはあるが調節が出来ていない。ダンスバトル1位になれるほどのダンスなのか分からない。今のままではステージに立てない」

AKBの歌、ダンス1位の2人でさえこの酷評、以降AKB48虐殺祭りが始まる。

AKB48

  • Dクラス
    • 中西智代梨
    • 宮崎美穂
  • Fクラス
    • 茂木忍
    • 篠崎彩名
    • 市川愛美

ぺ・ユンジョン
「評価のしようがない」

SKE48 NMB48

  • Fクラス
    • 浅井裕華
    • 梅山恋和

ペ・ユンジョン
「シーズン1を含めて、一番実力不足」

HKT48

  • Dクラス
    • 本村碧唯
    • 今田美奈
  • Fクラス
    • 松岡菜摘
    • 月足天音
    • 村川緋杏
    • 荒巻美咲
    • 栗原紗英

ペ・ユンジョン
「日本で歌手として活動しているが何を基準に選ばれたのか? この場に来たのも何かが出来るからではないのか? 何が出来るから選ばれたのか分からない。何を練習してきたのか分からないほどダンスが全く合っていない。K-POP歌手はダンスで有名だが日本では重要ではないのか?」

ソユ
「日本の練習生を見て新世界を見た気分」

ガヒ
「実力がFなのではなく韓国のアイドルが受けるトレーニングを受けてないから」

イ・ホンギ
「我々がAまで上がれるように手伝う」

ぺ・ユンジョン
「シーズン1にもFクラスからデビューした練習生がいた。韓国でダンスをしっかりと学んで欲しい。」


※ シーズン1でFクラスからデビューした練習生は、Mnetのごり押しでI.O.Iメンバーに選ばれたのであって決して実力で選ばれたわけではない。つまりMnetの編集次第でAKBにも十分にチャンスがあることはプロデュース101を観たことがある人なら当然知っているはずである。

https://www.jypfan.club/produce48/out-bigeast/

NGT48

  • Cクラス
    • 山田野絵
  • Dクラス
    • 長谷川麗奈

ペ・ユンジョン
「山田野絵の表情がとてもいい」

チーター
「実力はともかく、とても可愛かった」

無所属

  • Cクラス
    • パク・ソヨン
    • パク・ジニ

MILLION MARKET

  • Bクラス
    • チョ・サラン
  • Cクラス
    • ソン・ウンチェ

FNC

  • Aクラス
    • パク・ヘユン
  • Cクラス
    • チョ・アヨン

RBW

  • Aクラス
    • ナ・ゴウン
  • Cクラス
    • パク・ジウン

FENT

  • Aクラス
    • キム・ドア

Wellmade Yedang

  • Aクラス
    • ファン・ソヨン
  • Bクラス
    • カン・ダミン

STAR SHIP

  • Bクラス
    • アン・ユジン
    • チャン・ウォニョン
    • チョ・ガヒョン

HOW

  • Aクラス
    • ユ・ミニョン
  • Bクラス
    • ワン・クー
  • Cクラス
    • キム・ミンソ



  • Aクラス
    • 竹内美宥
  • Bクラス
    • 岩立沙穂
  • Fクラス
    • 後藤萌咲

ソユ
「竹内美宥の声がとても魅力的、歌と声がよく合っている」

(※花粉症の影響で声が出なかった後藤萌咲について)
チーター
「パフォーマンスは個性的だった」
イ・ホンギ
「とても惹きつけられた」
メイジェイ・リー
「ダンスが他の練習生よりも個性的」
ペ・ユンジョン
「後藤萌咲に目を奪われて歌を聴けなかった。」

PLEDIS

  • Aクラス
    • イ・ガウン
  • Cクラス
    • ホ・ユンジン

クラス分けまとめ

  • Aクラス
    • 竹内美宥 (AKB48)
    • チェ・イェナ (YUE HUA)
    • イ・チェヨン (WM)
    • クォン・ウンビ (WOOLLIM)
    • ナ・コウン (RBW)
    • ファン・ソヨン (WELLMADE YEDANG)
    • キム・ドア (FENT)
    • ユ・ミニョン (HOW)
    • イ・ガウン (PLEDIS)
    • パク・ヘユン (FNC)
  • Bクラス
    • 岩立沙穂 (AKB48)
    • キム・シヒョン (YUEHUA)
    • ワン・イーレン (YUEHUA)
    • イ・スンヒョン (WM)
    • チョ・ヨンイン (WM)
    • キム・チェウォン (WOOLLIM)
    • アン・ユジン(STAR SHIP)
    • チャン・ウォニョン (STAR SHIP)
    • チョ・ガヒョン (STAR SHIP)
    • ワン・クー (HOW)
  • Cクラス
    • 山田野絵 (NGT48)
    • キム・スユン (WOOLLIM)
    • キム・ソヒ (WOOLLIM)
    • キム・ミンソ (HOW)
    • ホ・ユンジン(PLEDIS)
    • パク・ソヨン (所属なし)
    • パク・ジニ (所属なし)
  • Dクラス
    • 本村碧唯 (HKT48)
    • 今田美奈 (HKT48)
    • 長谷川 玲奈 (NGT48)
    • 中西智代梨 (AKB48)
    • 宮崎美穂 (AKB48)
    • キム・ミンジュ (URBAN WORKS)
    • シン・スヒョン (FAVE)
    • ハン・チェウォン (CUBE)
  • Fクラス
    • 松岡菜摘 (HKT48)
    • 月足天音 (HKT48)
    • 村川緋杏 (HKT48)
    • 荒巻美咲 (HKT48)
    • 栗原紗英 (HKT48)
    • 後藤萌咲 (AKB48)
    • 茂木忍 (AKB48)
    • 篠崎彩名 (AKB48)
    • 市川愛美 (AKB48)
    • 浅井裕華 (SKE48)
    • 梅山恋和(NMB48)
    • カン・ヘウォン (8D)


視聴者投票順位

1週目

第1回プロデュース48順位

番組のエンディングで投票の途中経過を発表した。投票は放送開始と同時に始まったので実質2時間の結果である。

順位 名前 所属
1位 宮脇咲良 HKT48
2位 アン・ユジン STAR SHIP
3位 チャン・ウォニョン STAR SHIP
4位 松井珠理奈 SKE48
5位 イ・ガウン PLEDIS
6位 チャン・キュリ STONE MUSIC
7位 チェ・イェナ YUEHUA
8位 イ・シアン STONE MUSIC
9位 白間美瑠 NMB48
10位 チョ・ユリ STONE MUSIC
11位 ワン・イーレン YUEHUA
12位 小嶋真子 AKB48
13位 キム・ミンジュ URBAN WORKS
14位 矢吹奈子 HKT48
15位 キム・シヒョン YUEHUA
16位 後藤萌咲 AKB48
17位 宮崎美穂 AKB48
18位 ペ・ウニョン STONE MUSIC
19位 ホ・ユンジン PLEDIS
20位 高橋朱里 AKB48
21位 キム・チェウォン WOOLLIM
22位 中西智代梨 AKB48
23位 武藤十夢 AKB48
24位 コ・ユジン BLOCK BERRY
25位 クォン・ウンビ WOOLLIM
26位 浅井七海 AKB48
27位 千葉恵里 AKB48
28位 村川緋杏 HKT48
29位 イ・チェヨン WM
30位 本田仁美 AKB48
31位 キム・ドア FENT
32位 村瀬紗英 NMB48
33位 イ・ユジョン CNC
34位 パク・ソヨン 無所属
35位 松岡菜摘 HKT48
36位 ナ・コウン RBW
37位 本村碧唯 HKT48
38位 カン・ヘウォン 8D
39位 竹内美宥 AKB48
40位 ユン・ヘソル MUSIC WORKS
41位 下尾みう AKB48
42位 シン・スヒョン FAVE
43位 中野郁海 AKB48
44位 茂木忍 AKB48
45位 山田野絵 NGT48
46位 岩立沙穂 AKB48
47位 チェ・ヨンス YG Kplus
48位 キム・ソヒ WOOLLIM
49位 パク・ミンジ MND17
50位 荒巻美咲 HKT48
51位 イ・ハウン MNH
52位 パク・ジニ 無所属
53位 今田美奈 HKT48
54位 ユン・ウンビン CNC
55位 キム・ナヨン BANANA CULTURE
56位 小田絵里奈 AKB48
57位 佐藤 美波 AKB48
58位 キム・スユン WOOLLIM
59位 パク・ヘユン FNC
60位 キム・ダヨン CNC
61位 長谷川麗奈 NGT48
62位 キム・ミンソ HOW
63位 田中美久 HKT48
64位 ハン・チョウォン CUBE
65位 チョ・ガヒョン STAR SHIP
66位 イ・スンヒョン WM
67位 キム・ヒョナ COLLAZOO
68位 キム・チョヨン A team
69位 浅井裕華 SKE48
70位 カン・ダミン Wellmade Yedang
71位 加藤夕夏 NMB48
72位 永野芹佳 AKB48
73位 栗原紗英 HKT48
74位 チョ・ヨンイン WM
75位 内木志 NMB48
76位 ホン・イェジ CNC
77位 パク・ジウン RBW
78位 月足天音 HKT48
79位 市川愛美 AKB48
80位 キム・ダヘ BANANA CULTURE
81位 ウォン・ソヨン MMO
82位 アン・イェウォン YGK plus
83位 チョ・アヨン FNC
84位 篠崎彩名 AKB48
85位 パク・チャンジュ MND48
86位 ユ・ミニョン HOW
87位 チョ・ソウン MUSIC WORKS
88位 アレックス・クリスティーン ZB LABEL
89位 チョ・サラン MILLION MARKET
90位 キム・ユビン CNC
91位 ファン・ソヨン Wellmade Yedang
92位 ワン・クー HOW
93位 植村梓 NMB48
94位 梅山恋和 NMB48
95位 ソン・ウンチェ MILLION MARKET
96位 イ・チェジョン MND17

https://www.jypfan.club/produce48/knowledge/

投票順位途中経過の発表

6月20日Mnetは突然視聴者投票の途中経過を発表した。これは今までにはなかったことだという。

順位 変動 名前 所属
1位 △ 4 イ・ガウン PLEDIS
2位 アン・ユジン STAR SHIP
3位 チャン・ウォニョン STAR SHIP
4位 △21 クォン・ウンビ WOOLLIM
5位 ▼ 4 宮脇咲良 HKT48
6位 △ 1 チェ・イェナ YUEHUA
7位 △ 4 ワン・イーレン YUEHUA
8位 △37 山田野絵 NGT48
9位 △ 7 後藤萌咲 AKB48
10位 △19 イ・チェヨン WM
11位 ▼ 7 松井珠理奈 SKE48
12位 △27 竹内美宥 AKB48
13位 △ 2 キム・シヒョン YUEHUA
14位 ▼ 7 チャン・キュリ STONE MUSIC
15位 △ 4 ホ・ユンジン PLEDIS
16位 ▼ 8 イ・シアン STONE MUSIC
17位 ▼ 4 キム・ミンジュ URBAN WORKS
18位 ▼ 8 チョ・ユリ STONE MUSIC
19位 ▼ 2 宮崎美穂 AKB48
20位 △ 1 キム・チェウォン WOOLLIM
21位 △15 ナ・コウン RBW
22位 ▼10 小嶋真子 AKB48
23位 ▼14 白間美瑠 NMB48
24位 △10 パク・ソヨン 無所属
25位 △ 6 キム・ドア FENT
26位 △20 岩立沙穂 AKB48
27位 ▼ 9 ペ・ウニョン STONE MUSIC
28位 ▼14 矢吹奈子 HKT48
29位 ▼ 6 武藤十夢 AKB48
30位 ▼ 6 コ・ユジン BLOCK BERRY
31位 ▼ 3 村川緋杏 HKT48
32位 △ 60 ワン・クー HOW
33位 ▼13 高橋朱里 AKB48
34位 △52 ユ・ミニョン HOW
35位 △30 チョ・ガヒョン STAR SHIP
36位 △23 パク・ヘユン FNC
37位 △25 キム・ミンソ HOW
38位 ▼16 中西智代梨 AKB48
39位 ▼ 1 カン・ヘウォン 8D
40位 ▼13 千葉恵理 AKB48
41位 ▼15 浅井七海 AKB48
42位 △ 6 キム・ソヒ WOOLLIM
43位 ▼6 本村碧唯 HKT48
44位 ▼12 村瀬紗英 NMB48
45位 ▼12 イ・ユジョン CNC
46位 ▼16 本田仁美 AKB48
47位 △44 ファン・ソヨン WELLMADE YEDANG
48位 △ 4 パク・ジニ 無所属
49位 ▼ 9 ユン・ヘソル MUSIC WORKS
50位 ▼12 下尾みう AKB48
51位 ▼ 4 チェ・ヨンス YG KPLUS
52位 △ 6 キム・スユン WOOLLIM
53位 ▼10 中野郁海 AKB48
54位 ▼12 シン・スヒョン FAVE
55位 ▼20 松岡菜摘 HKT48
56位 △ 5 長谷川玲奈 NGT48
57位 ▼8 パク・ミンジ MND17
58位 ▼ 7 イ・ハウン MNH
59位 ▼15 茂木忍 AKB48
60位 △ 6 イ・スンヒョン WM
61位 △13 チョ・ヨンイン WM
62位 ▼ 7 キム・ナヨン BANANA CULTURE
63位 ▼ 3 キム・ダヨン CNC
64位 ▼11 今田美奈 HKT48
65位 ▼15 荒巻美咲 HKT48
66位 ▼10 小田絵里奈 AKB48
67位 ▼10 佐藤美波 AKB48
68位 ▼14 ユン・ウンビン CNC
69位 △ 8 パク・ジウン RBW
70位 △15 パク・チャンジュ MND17
71位 ▼8 田中美玖 HKT48
72位 ▼ 5 キム・ヒョナ COLLAZOO
73位 ▼3 カン・ダミン WELLMADE YEDANG
74位 ▼3 加藤夕夏 NMB48
75位 △6 ウォン・ソヨン MMO
76位 ▼12 ハン・チョウォン CUBE
77位 △6 チョ・アヨン FNC
78位 ▼10 キム・チョヨン A team
79位 ▼10 浅井裕華 SKE48
80位 ▼ 4 ホン・イェジ CNC
81位 ▼ 2 市川愛美 AKB48
82位 △13 ソン・ウンチェ MILLION MARKET
83位 ▼ 1 アン・イェウォン YG KPLUS
84位 △ 4 アレックス・クリスティーン ZB LABEL
85位 ▼13 永野芹佳 AKB48
86位 ▼13 栗原紗英 HKT48
87位 ▼12 内木志 NMB48
88位 ▼ 4 篠崎彩名 AKB48
89位 ▼ 3 チョ・サラン MILLION MARKET
90位 ▼ 3 チョ・ソウン MUSIC WORKS
91位 ▼ 1 キム・ユビン CNC
92位 ▼12 キム・ダヘ BABABA CULTURE
93位 ▼13 月足天音 HKT48
94位 △ 2 イ・チェジョン MND17
95位 ▼ 1 梅山恋和 NMB48
96位 ▼ 3 植村梓 NMB48

日本人練習生は第1回放送で高評価を得た竹内美宥、後藤萌咲、岩立沙穂以外はランクを下げた。第1回の内容からすれば当然の結果だが、何か公表しなければならない事情があったのだろう。

韓国マスコミの報道

結局プロデュース48は日本アイドルの成長記になのか

NEWS1

ベールを脱いだ”プロデュース48″は完全な日韓戦だった。先日の制作発表会でMnetは「日韓戦ではなく音楽で一つになる少女たちの夢を見て欲しい」と語ったが、第1回から日本と韓国の実力差が主な見どころだった。

15日放送のMent”プロデュース48″の放送時間は2時間20分に及んだ。140分間、主に映し出されたのは日本と韓国の実力差だった。ルックスから実力まで韓国練習生が優れ、これに意気消沈する日本少女の姿がカメラに捉えられた。

この日涙を流した大多数の少女は日本人歌手だった。トレーナー ペ・ユンジョンの厳しい指摘に「くやしい」「これまでやってきた事は全く評価されなかった。」と涙を流した。

韓国練習生はデビューこそしていないものの既に高レベルのダンス、歌の能力を兼備していた。画面には韓国練習生のステージを見た日本歌手の「絶対にAランク」「すごい実力」「日本に帰りたくなった」など韓国練習生の実力に驚愕する姿が映し出された。

しかし放送終了直前に発表された投票では実力=順位ではないことが証明された。

1位から12位まで韓国人の比率が高かったが、1位は日本歌手宮脇咲良だった。これは宮脇咲良の日本での認知度も一役買ってはいるが、投票したのは韓国人である点を考慮すると実力よりも魅力が大きく作用したようだ。

シーズン1でも基本技術を身につけていなかったキム・ソヘがデビューしているだけに、プロデュース48でも基本技術のない日本歌手の成長期が主な見どころになるという意見が多い。

プロデュース48は日韓戦から離れられない構成を備えている。すでに日韓の実力差が明確になり、日本歌手の成長記になることを暗示している。最終順位も日本歌手の魅力が作用するという分析も多い。

プロデュース48 宮脇咲良1位の意味

EDAILY

不公正な投票なのか、或いは単なる杞憂に終わるのか。

6月15日初放送を迎えたケーブルチャンネルMnet”プロデュース48″リアルタイム投票の結果に対する意見が割れている。

第1回の放送は日本と韓国の練習生96名の紹介と所属事務所別のステージ審査だった。2012年ガールグループAfter Schoolに加入し正式デビューしたが、その後5年間、活動のなかったイ・ガウンが話題の人物になった。

基本技術をしっかりと身につけた韓国練習生と愛嬌、ファンサービスを重視する日本練習生との実力差が目を引いた。

番組の最後に公表された初の視聴者投票結果は意外だった。

イ・ガウンをはじめルックス、実力が目立ったアン・ユジン、チャン・ウォニョン、チャン・キュリ、チェ・イェナらが上位圏に入ったが、1位は宮脇咲良(HKT48)だった。また日本の人気メンバー松井珠理奈(SKE48)が4位にランクインした。2人ともステージ審査は放送されていなかった。

予想通りの結果という指摘もある。AKB48は日本で活発に活動するガールグループであり、デビュー出来る12位圏内にランクインした宮脇咲良、松井珠理奈、白間美瑠(9位 NMB48)、小島真子(12位 AKB48)らは少なくとも6年以上活動歴のあるベテランメンバー。韓国内にもファンが存在し、認知度も高い。

第1回放送のレベル審査で日本練習生の中で唯一A判定を受けた竹内美宥の順位は39位、どちらかといえば人気のないメンバーに分類される。韓国練習生も実力はさておき、これまでデビュー出来なかった練習生である。

プロデュースシリーズの順位は事実上人気投票である。ファンが応援するメンバーの放送の分量に敏感になる理由でもある。今回の投票結果はスタート地点からこれまでのシリーズとは全く異なる競争である事を物語っている。

既にデビューし日本で活動中のAKB48のメンバーの”夢”を”プロデュース48″、つまり韓国視聴者の力で叶えることについても疑問が生じる。第1回の放送終了後、AKB48に関心が集まり”AKB48の韓国向け宣伝”のような形になりつつある。

16日に日本の名古屋でAKB総選挙が開催された。プロデュース48がなければ、AKB総選挙の結果が今と同じになったのか疑問である。

プロデュース48は始まったばかり。第1回の投票上位圏のメンバーが必ずデビュー出来るという保証もない。これまでのシーズンを振り返っても様々な変数が存在する。

シーズン1で誕生したガールグループIOI(アイオーアイ)のセンター チョン・ソミは放送前から関心が高かったが、シーズン2のセンター カン・ダニエルは徐々に存在感を現し最終的に1位になった。デビュー出来るのは国籍に関わりなく12名、最終結果を占うのはまだ早い。

先に番組スタッフは「日韓戦ではない、グローバル市場を目標にする」と強調、右翼発言、戦犯旗問題などに対する釈明の代わりに「夢を叶えようとする少女たちの姿を見守って欲しい」と依頼した。

毎シーズン様々な話題の中心になるプロデュースシリーズ、日韓合作として場を拡げた今回のシーズンが視聴率と肯定的評価を得られるのかに注目が集まる。

視聴者投票途中経過

テレビ話題性ランキング非ドラマ部門1位

TOP STAR NEWS 2018年6月21日

6月2週テレビ話題性ランキング

Mnet”プロデュース48″が6月2週のテレビ話題性ランキング非ドラマ部門で1位となった。

日韓練習生の挑戦記を描くプロデュース48第1回放送の話題性占有率は14.7%を記録、チャンネルA”ハートシグナル シーズン2″を1.3%上回り1位を達成した。

クォン・ウンビ 山田野絵 視聴者が注目する5人

EDAILY 2018年6月22日

今年も我々は国民プロデューサーになった。ある日突然最愛の番組が成長して帰って来たからだ。

96名の練習生の中から12名を選びアイドルグループとしてデビューさせるサバイバル番組Mnetプロデュース48が6月15日第1回の放送を終えた。

プロデュース48は20日午前10時、突然順位の途中経過を発表、国民プロデューサーを混乱に陥れた。このまま1位の道を歩き続けると思われた練習生が順位を落とし、下位圏の練習生が上位圏にランクインするなど順位変動が大きかったためだ。

第2回の放送を前に下位圏からデビュー圏内に急上昇した練習生5人を紹介する。

クォン・ウンビ (WOOLLIM) 25位→4位

IBIのイ・ヘインはプロデュース101シーズン1で強力なリーダーシップで人気を集めたが、イ・ヘインを連想させる練習生が、クォン・ウンビ。

彼女は日韓合作の今回の番組のために日本語の学習教材を購入、万一に備えて常備薬を持参するなど万全の準備で番組に臨んだ。

自分の事だけで手いっぱいな状況でも同じ事務所の練習生を思いやる姿がカメラに捉えられた。実力も優秀でAクラス判定を受けた。

山田野絵 (NGT48) 45位→8位

ステージをひっくり返してしまった。第1回で日本の練習生は韓国練習生よりもダンス・歌唱力で劣り残念なシーンが続いた。

そんな中で一味違うセンスで国民プロデューサーの視線を奪ったのは山田野絵、面白さだけなら1位だった。

ダンス講師ペ・ユンジョンから「Momolandのジュイに似ている」と評され、個性的なハスキーボイス、どんな状況でも失わない笑顔、突然のダンスリクエストに変ダンスで応じる機転で8位に躍進した。

後藤萌咲 (AKB48) 16位→9位

後藤萌咲は第1回の放送で花粉症で声が出ず唯一歌を歌わなかった練習生。しかし彼女はセレブファイブの”セレブになりたい”の原曲”Eat You Up”に合わせて独特なダンスを披露、ペ・ユンジョンから注目された。歌を歌えないことについて「プロとして失格」と反省した姿も国民プロデューサーに好印象を与えた。

イ・チェヨン (WM) 29位→10位

TWICEが誕生したMnetとJYPエンターテインメントのサバイバル番組”SIXTEEN”を見た国民プロデューサーはイ・チェヨンを覚えているだろう。”K-POP STAR”を含めサバイバル番組は3回目の出演になる。

「実力が不足していたから脱落したのでは?」という偏見を第1回放送で打ち消した。圧倒的なダンス能力で審査員全員一致でAクラス判定、イ・チェヨンを高評価した国民プロデューサーは「JYPはまた一人人材を逃した」と口をそろえた。

竹内美宥 (AKB48) 39位→12位

プロデュース48でデビュー出来るのは12名、12位と13位は天地の差がある。竹内美宥はデビュー出来ない39位からデビュー圏の12位に急上昇した。

彼女が注目を集めた理由は日本人練習生の中で唯一輝いた歌唱力、”Eat You Up”をR&B風にアレンジした能力も大きな好感ポイントになった。

https://www.jypfan.club/produce48/episode-2-outline/

https://www.jypfan.club/produce48/overview/

https://www.jypfan.club/produce48/knowledge/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です