カテゴリー
プロデュース48

「PRODUCE 48」参加予定者とのミーティングを開始

「PRODUCE 48」は再び女性 日韓練習生ミーティング開始

日刊スポーツ

「PRODUCE 101」新プロジェクト「PRODUCE 48」が徐々に動き出している。

ある芸能関係者は1月16日、日刊スポーツに「Mnet「PRODUCE 48」が日本と韓国で女子練習生を対象にみーディングを開始した。「PRODUCE 101 シーズン1、2」の演出を担当したプロデューサー アン・ジュニョン氏も日韓両国を行き来し制作が進行している。」と明らかにした。

「PRODUCE 48」は、国民が直接アイドルデビューメンバーを選抜する「PRODUCE 101」システムと日本最高のプロデューサー秋元康の「会いに行けるアイドル」をコンセプトに専用劇場で常時ライブ公演する日本のAKB48システムが結合したプロジェクト。日韓両国単一のグローバルグループが「PRODUCE 48」で誕生する。革新的で果敢な挑戦でトレンドを導いて来たMnetはこのプロジェクトのためにプロデューサー秋元康と手を組むことに決定、日韓両国の視聴者と音楽ファンに新たな経験を贈るために秋元康と協力する。

昨年「Mnet Asian Music Awards」で番組制作を発表したが、男性なのか女性なのかなどについては公表しなかった。結局番組制作陣の選択は「PRODUCE 101 シーズン1」と同じ女性練習生。これまでのシーズンに参加した芸能事務所のほか、新たな芸能事務所にも接触を試みている。

今回の演出もアン・ジュニョン氏が担当、これまでの問題点が改善されるのかについても注目が集まる。前シーズンでの番組スタッフの高圧的な態度、プロデューサーの個人的性向による編集、最終回のじらすための引っ張りなど必要のない演出で論議を呼んだ。しかし話題性では最高の成績を上げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です