カテゴリー
プロデュース48

PRODUCE48は韓国音楽産業の強化につながる

韓国メディアのプロデュース48関連ニュース翻訳

PRODUCE48? 日本と韓国は違うのに

SPORTS WORLD

11月29日、日本の横浜アリーナで開催のMAMA(Mnet Asian Music Awards)で日韓両国のアイドルファンが驚愕した企画が発表された。「PRODUCE 48」はAKB48など日本代表ガールズグループをプロデュースした秋元康の事務所AKSとMentのアイドルサバイバル番組「PRODUCE 101」が手を組んだ企画である。正確にはAKS48の「韓国支店」の企画で、その選抜過程を「PRODUCE 48」として番組化するという発想。

AKSは現在日本国内で東京ベースのAKB48の他、各地域別にSKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48などの「支店グループ」を運営、海外にもインドネシアのJKT48、タイのBNK48フィリピンのMNL48、台湾のTRE48などの支店がある。海外支店は現地企業とAKSの共同運営という形式で設立される。AKSはAKB48のフォーマットとコンテンツ版権、事業ノウハウを販売、現地企業は資本を投入し運営を担当するという方式。もちろんこの過程で問題も起きている。例えば中国のSNH48は結成初期から運営上の摩擦があり、昨年支店関係を脱し独立した。

いずれにしろ現在AKSオフィシャルによると「PRODUCE48は48グループの核心「会いに行けるアイドル」即ち専用劇場運営の概念と「PRODUCE101」の核心「国民が選ぶアイドル」の概念の合成」という立場をとっている。事実そのふたつが出会えばそれ以外の結合条件は出てこないだろう。

日韓共によくない反響

興味深い企画であることは間違いない。日韓文化交流という面でも意味がある。そして2017年MAMAでの発表と同時に日韓両国のアイドルファンからの注目度が高まっている。日本のYahoo JAPANのリアルタイム検索トレンドで1位になった。しかし日韓両国共に反応が良くないことも事実。韓国では「今世界でK-POPアイドルが最も人気があるのに、何のために日本のアイドルの支店を受け入れるのか?」という批判、そして日本では「もし番組とグループが失敗したら恥ずかしい」というような憂慮があるようだ。日韓双方とも「自尊心」の問題ということになる。

日韓アイドル産業の違い

しかし「PRODUCE48」の本当の問題はそのような意識の次元にあるのではない。実際の運用において既に日韓両国間のアイドル産業構造問題が存在する。まず48グループの基本である約40名規模の超大型グループ問題がある。これほどの超大型グループは実際の管理が難しいという点。メンバーのチームワーク形成と生活を管理する韓国式の合宿が出来ない。

もちろんメディアメンバー約10名を別に選抜し(AKB式)合宿させる方法も出てくる。しかしメディアメンバーもこれまでのAKB運営方式通りであれば毎年総選挙で変わり続ける。あるオーディション番組でメジャー、マイナーで部屋割りした放送用の発想を固定運用方針にすることになる。混乱だけが増えていく。では「各自自宅で生活しながらスケジュールを消化」も各自公共交通機関を利用して移動する以外にない。そうすれば韓国アイドル特有の高いクオリティパフォーマンスに支障をきたすことになる。「合宿=チームワーク=パフォーマンス、クオリティ」という概念が壊れる。

さらにメンバー各自の私生活露出や露出した時のイメージ毀損とイメージ消耗を防ぐ方法がない。相手が芸能人といえども「迷惑がかかるから」と写真を撮らない日本の環境とは違う。望遠カメラを持ったストーカーファンを基盤に構成されたのが韓国式ファン集団である。最終的に韓国市場で韓国大衆の消費心理に合わせて進化した「韓国式マネージメント」が壊れることになる。

公演文化のない韓国

またAKB48要素の中心である専用劇場運用計画も同じように問題がある。韓国の公演市場は日本ほど発達していない。ごく少数の熱狂的ファンを除けば専用劇場での常時公演に通い続けるほど公演文化に親しんでいない。アイドル公演市場はさらにその傾向が強く、その中でもガールズグループ公演市場は殆ど形成されていない。韓国では人気ガールズグループといっても単独コンサートを開催することが簡単ではないという環境を理解する必要がある。日本のように地下アイドル、地域限定アイドルなど小規模ガールズグループでも公演市場が機能し活動を続けられる環境ではない。韓国でもアイドルが出演するミュージカルに観客が押し寄せることもあるが、それはトップクラスボーイズグループのメンバー数名に限った話である。

このように公演市場までもボーイズグループ中心で、それでも公演文化の火が生きてる理由がある。韓国ではボーイズグループだけでなくガールズグループも女性消費層を中心に販売構造が出来ているためだ。アイドルという商品自体が予め女性消費層を狙って作られている。しかしボーイズグループのような疑似恋愛的吸引力と爆発力をガールズグループは持たす、公演市場を開くほどの動力にはならない。ガールズグループにとって男性層からの支持と認知度はイベントや広告モデルなど付加市場領域で大衆性確保程度にしか機能しない。

韓国のアイドル消費は女性中心

日本とは明らかに状況が異なる。日本のガールズグループは男性層の消費が絶対的だ。そして火力面でもボーイズグループファンの女性層よりも大きい。シングルCD販売で最も売れたボーイズグループとガールズグループの比率は1対2。公演もK-POPガールズグループを除けば男湯の雰囲気が強く、そして熱烈だ。デビュー20年目のローテーション式ガールズグループ「モーニング娘」が今でも公演収益ベスト10に入るには理由がある。男性が「文化」に金を使い、消費心理はアイドル文化にまで及ぶ。それを基盤に「会いに行けるアイドル」という概念が成立したのだ。根本的に疑似恋愛心理が基盤になってこそ、本格的消費につながる。同性としての憧憬心程度では限界がはっきりしている。

もちろん48グループ韓国支店企画にはAKB48特有の戦略を通じて、これまで振るわなかった男性消費層を新たに開発するという意図もあるだろう。一種の挑戦である。もちろん挑戦は悪いことではない。しかしそれ以前に韓国のアイドル消費層問題が今のような形態になった原因くらいは考える必要があった。

男性アイドルファンの開拓

韓国の男性層は現実的な理由からアイドル商品に金を使うことを躊躇する。そこにまで使える金が多くないからである。自動車など外的に見える部分に金を使う構造である。個人余暇でも日本に比べて飲酒文化などに金を使う比重が高い。日本男性層より勝負欲など好戦的な気質が強く、同じ文化範囲内でもゲーム、その中でも相手と勝負するオンラインゲームに熱中する雰囲気も存在する。現実を重視する傾向も強く、恋愛はするが疑似恋愛を通じた本格レジャーはためらったり嫌悪する流れもある。どういう面であれ日本市場とはその作動心理自体がまるで違う。そしてその根本的心理問題はガールズグループ一つが売れて誘導したとしても簡単に変わるものではない。

もちろん原論的に考えれば、アイドルという同じ商品の日韓合作が作られるということ自体に悪いことは一つもない。何より48グループ支店が韓国で根を下ろせば「韓国のアイドルを輸入するだけ」という日本人の不満と、それによる日本国内の嫌韓感情を沈静化させる大きな力になる。一般商品市場とは違い文化市場では、そんな認定欲求充足の相互交換が意外に重要である。

しかし「PRODUCE 48」のような単純結合は問題がある。今は単に自国内の人気核心要素をレゴブロックのように物理的に結合させたに過ぎない。絶対にそれぞれが融合した化学作用ではない。その点で敢えて48グループ韓国支店を企画した立場であれば48グループの異なる要素、すなわち自国内人気要素ではない韓国人の嗜好に合った人気核心要素を設定しその部分を生かすことが正解になるだろう。

韓国の嗜好に合わせろ

例えば韓国アイドルファン層が48グループについて最も関心が集中する要素は専用劇場公演のような部分ではない。1年に1回行われる総選挙だ。ファン投票のためにTVなどのメディアに出て活動する主力メンバー、ミュージックビデオで顔が見えるメンバー
、公演時にやっと見えるメンバーなどが多少残忍な形態で競争することになる。もちろん集団内の結束を重視する韓国の雰囲気ではメンバー間の不和を呼ぶという批判も存在する。ファンが不憫に思い憤りを感じる。しかし「PRODUCE 101」がヒットした理由もまさにその競争要素のおかげだった。不憫に思い憤りを感じるが、同時に刺激的で没頭できるイベントだからだ。韓国人特有の勝負型エンターテインメント嗜好に合った面がある。
特に韓国ではガールズグループの実質消費の中心にいる女性層がこのようなイベントに没頭しやすいという点に注目する必要がある。

この部分をキャッチしなければならない。重要なことは韓国に土壌すら存在しない専用劇場ではないということである。韓国で活動するグループには韓国の状況が何よりも重要だ。互いに適応して、互いに必要な部分を補完しあう流れこそが最も理想的な文化交流だ。

日本の挑戦を受ける韓国

我々は認識できないでいるが、韓国アイドル産業はある意味「溜まった水」(※新たな流入のない水たまりはいずれ腐るという意味)であり、「PRODUCE48」のような間接的な方法でさえも海外商品のまともな挑戦を受けたことがない。最も親しみ影響を受けやすい日本商品が皮肉にもそれだ。日本のポピュラー音楽商品は現時点で地上波放送では実演でなければ、放送自体が出来ないというのが実情だ。そのためこの挑戦は成功不成功を離れて、それ自体が韓国音楽産業の体質強化に重要な役割を果たす面がある。「PRODUCE 48」を通じた48グループ韓国支店企画に関心が集まる理由だ。

https://www.jypfan.club/produce48/overview/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です